8月の最終週から9月頭にかけて、シリコンバレーエリアとスタンフォード大学キャンパスを訪問してきました。

San Francisco到着初日は、同市内らしく、霧模様で気温も低く、真夏の蒸し暑い東京との寒暖差に出迎えられました。一方、わずか1時間強程、内陸に向かって南にドライブした地であるStanford大学とその周辺の市であるPalo Alto(テスラ本社在)、Menlo Park(Facebook本社在)、Mountain View(Google本社在)、Cupertino(Apple本社在)は、強い日差しの下で乾いた空気が広がり、真夏そのものでした。

今回の訪問は、スタンフォード大学での研修プログラム作りために、キャンパスを訪れることが主な目的でした。デザインシンキング発祥の地であるInstitute of Design at Stanford(通称 d.school)のイノベーターズマインドセットを学びながら、実践的英語コミュニケーション力を高める、日本人ビジネスパーソン向けのプログラムの骨格が見えてきました。期間は8日間程度になる見込みで、来年の夏の実施に向けて、これから細部を詰めていく計画です。

当地訪問の様子を、何回かに分けて、本ブログで紹介していこうと思います。今回は、まず、スタンフォードキャンパスの変貌ぶりについて書きます。

私がスタンフォード大学をはじめて訪れたのは、大学生の時に参加した、1か月間の短期留学プログラムの時でした。グーグルが創業される以前の当時、スタンフォードの周辺には、すでにシリコンバレーを代表する企業群が数多く存在していましたが、現在のように、私たちの生活により身近な存在である、スマートフォンやインターネット関連サービスを提供するスタートアップ企業は、まだまだ少なく、学生の私にとって、シリコンバレーという言葉は、正直あまりピンとくるものではありませんでした。
IMG_7547
当時のキャンパスの印象は、とにかく広い。
ファーム(=農場)というニックネームで呼ばれることからも、スタンフォードのキャンパスの規模は、けた違いであることは良く知られています。キャンパス内を、マウンテンバイク、ローラーブレード、車で走り抜けても、果てしない広さです。東京ドームが700個入るという、その敷地は、広大なキャンパスと表現するレベルではありません。私の記憶では、青空の下、のどかで、のんびりとした空気の流れるキャンパスのなかで、学生たちは、大学生活を送る最高の空間というものでした。
IMG_7540
私にとって、はじめて見るアメリカの大学のキャンパスであったため、これがアメリカの大学のスタンダードか、と勘違いしてしまいました。しかし、もともと日本と比べて、キャンパスの広いアメリカの大学の中でも、スタンフォードの環境の良さは、比較にならないものです。そんなことも知らない自分は、すっかりこれがアメリカの大学の代表例だと、すっかり勘違いをしてしまいました。

そして、本題である、スタンフォードキャンパスの変貌ぶりについてです。はじめて訪れて以来、数多く、同キャンパスを訪れているものの、やはり、大きく変わったという印象を受けています。それは、キャンパス内には、土地がふんだんに余っていますが、年々、校舎が増え、景色が毎年変わっていくのです。
IMG_7757

特に、今回感じた印象は、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)のキャンパスと共通する、多額の資金の匂いです。つまり、それは、産業界との結びつきを意味しています。余談ですが、ハーバードは、元々、チャールズ川の北側にあるケンブリッジ市に広がっていましたが、新たな校舎を建設するための土地が限られているため、チャールズ川の南側にあるボストン市の敷地を購入し、南に広がってきています。なかでも、ハーバードの経営学大学院であるHBSは、ボストン側に広大なキャンパスを有し、豊富な資金をバックに、設備の整った校舎が立ち並んでいます。ハーバード生の間でも、ビジネス・スクールのキャンパスに踏み入れると、どこか、リッチな空気を感じると言われています。
IMG_7550
今回、スタンフォードのキャンパスを訪れて感じた空気も、まさに、同じものです。以前は、シンプルに、広大で、のんびりした空気の漂う、カリフォルニアの特別なキャンパスというものでしたが、今は、ここに、資金の匂いがプンプンしていました。周辺の企業や卒業生からの多額の寄付により、新たな校舎が建てられていく様は、スタンフォードと、テクノロジー業界をはじめとする産業界との強い結びつきによるものだと、肌で感じることができます。

グーグルの本社がキャンパスと呼ばれる理由は、同社の2人の共同創業者が、出身大学であるスタンフォードの広大なキャンパスをイメージして、職場のコンセプトを作り上げたことからだと言われています。テクノロジー企業のトレンドや、働き方改革に代表されるような、職場のあり方を考えるうえでも、スタンフォードのキャンパスを訪れることで、多くのヒントを得られると言えるでしょう。

ハーバード留学中に、アメリカ東海岸から、西海岸を訪れたときの印象よりも、今回のように日本から訪問するときの方が、この違いを敏感に感じ取れるというメリットがあると、強く思いました。数年間、同大学に所属して、じっくり腰を据えて学ぶことで得られるものとは違い、短期の間、同大学のキャンパスに滞在し、研修を受けることで吸収できる内容は、より濃密なものになると考えています。

また、次回以降、続きを書いていきたいと思います。

猛烈に仕事が速い人は、なぜ、そんなにも仕事を素早くこなすことができるのか。

頭の回転が速い、経験が豊富、知識レベルが平均的な人と違う、等々個人としての能力が高いからなのか。

あるいは、周囲の人と協業するのが上手であったり、特別な人脈があるからであったり、特別なリソースを有しているからなのか。

または、人一倍集中力が高いとか、疲れをしらず無尽蔵のエネルギーがある、インプットの質と量が違うからか。

と、いろいろ考えてしまいます。

この問いに、気づきを与えてくれた本が、
“Simple Rules”、
(邦訳 Simple Rules「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える)です。

Simple Rules J
米国内でベストセラーとなった本書の著者は、MITで戦略論の教鞭をとるドナルド・サル教授とスタンフォードで教鞭をとるキャスリン・アイゼンハート教授のお二人です。

私は、有難いご縁があって、本書の監訳を担当させていただきましたので、本ブログで、本書の内容を簡単にご紹介させて頂きます。

著者のお二人は、元コンサルタントというバックグランドや戦略論の教授というバックグランドから想像すると、とても難しい理論を唱える人物かと想像してしまうのですが、実は、彼らの主張はとても、わかりやすく、ストレートなものです。それは、一見複雑に見える世の中の意思決定過程は、とてもシンプルなルール付けのもとで行われている、ということです。

例えば、設備やベッド数の限られる戦地の野戦病院に次々と運び込まれる兵士の治療は、1分1秒が死活問題のなかで、死亡率を最小化するために、どの病人・けが人を優先するかの判断には、脈拍数、呼吸数などの、限られた判断材料をベースにした、極めてシンプルなルールが設けられている、と紹介されています。

企業戦略の分野に目を向けると、Airbnbが当初注力した戦略におけるシンプルな基準は、ホストを大切にする、企業信念に共感してくれるホストを獲得する、といった極めて単純なルールだった、ということが紹介されています。

共通点は、一見複雑な方程式によって解かれている、と思われがちな場面において、実は、それらの意思決定基準は、思いのほかシンプルで、わずか、3~5つぐらいの、ルールで取捨選択されている、ということです。

実は、著者の1人であるドナルド・サル教授は、MITで教鞭をとる以前に、Harvard Business Schoolで教えていたことがあり、なんと、私は、彼の指導を受けたことのある学生の1人です。

本書は、米国のビジネス書らしく、豊富な実証データが紹介されています。世の中の、こんなにも多くのことが、わずかな数の、シンプルなルールのもとに動いているということを、様々な角度から紹介され、とても説得力があります。

さらには、どのようにして、シンプルなルールを作っていくか、そして、そのルールをどのように私たちの日常のなかで、臨機応変にアジャストさせながら運用していくか、いうアプローチも紹介されており、私たちの日常の意思決定や、職場において、とても役に立つものです。

よかったら、一読してみてください。

 

http://amzn.asia/5aPq5TM

前回に引き続き、今回も、本ブログでは、日本人の英語学習をテーマとした内容を書きます。

前回は、私たち日本人が英語のリスニングが苦手な理由は3つあると述べました。そして、そのうちの1つである「前から力」の欠如について、触れました。今回は、リスニング力アップに不可欠である、この「前から力」をどのようにして伸ばしていくかについて、ご紹介したいと思います。

まず、「前から力」とは何かについて、簡単に復習します。「前から力」とは、英語を、英語の語順通り、意味を把握し、解釈していく力のことです。

英語と日本語は、主語、述語、修飾語といった文章を構成する要素の語順が異なります。英語では、主語(誰が)、述語・動詞(どうした/どうだ)が必ず先に述べられ、そのあとに、より詳しい情報が付加されていきます。一方で、日本語は、主語(誰が)のあとに、時に長々と、修飾語が述べられ、最後に、述語・動詞(どうした/どうだ)がきます。

そのため、英語を理解していくうえで、さらに、英語のリスニング力を高めていくうえで、英語を前から、語順通りに、意味を把握していく力、つまり「前から力」は決定的に重要です。英語を読む際は、自分のペースで、頭の中で、語順を入れ替えながら理解していけば済むのですが、英語を聴く、つまり、リスニングの際には、相手の話している英語を、相手のペースのまま、前から瞬時に意味をとらえていく力がないと、周回遅れになってしまいます。

逆に、「前から力」が伸びていけば、ネイティブスピーカーがどんなに早口でしゃべろうとも、意味を解釈していくことができます。英語と日本語の語順の入れ替えで手間取ることなく、英語を英語の語順のまま解釈できるようになります。そのことからも、「前から力」とは、まさに「英語脳」といってもよい力です。

ここで、では、早口のネイティブスピーカーの英語を聴き取ること可能にする「前から力」は、どのような学習で伸ばしていくことができるのでしょうか?

それは、「前から読む」に、徹底的に取り組むことです。英文を「読む」ときに、英語の語順どおり、前から意味をとらえる訓練をしてさえすれば、英文を「聴く」ときにも、英語の語順どおり、前から意味を解釈することができるようになります。リスニング力を高めるための訓練は、実は、単に、ひたすら「聴く」ことで高まるのではなく、むしろ、しっかりと正しく「読む」力を高めることにあります。

それでは、「前から力」を鍛えるために、英語をどのように読めば良いでしょうか?VERITASでは、「サイトトランスレーション」と呼ばれるプラクティスに取り組みます。これは、通訳さんの業界では「サイトラ」と短縮されて知られている訓練方法です。

「サイトトランスレーション」は、sight translationと書きます。sight(見てすぐの、初見での)、translation(訳)という意味で、英語の語順通りに、前から目にした英文を、その場で解釈していくことを表しています。慣れないうちは、英文にスラッシュ「/」マークを入れて、意味を区切りながら、読んでいくことも有効です。

前回のブログで紹介した英文をもとに見ていきましょう。

①原文:
It's not uncommon for Fountain Hills residents to go to a neighboring town for a special cultural event, as we are a fairly small town.

これを「サイトラ」していくとどうなるでしょうか?英文にスラッシュ「/」マークを入れて、前から、簡単な日本語で意味を表現していくと以下のようになります。

②サイトラ:
It's not uncommon / for Fountain Hills residents / to go to a neighboring town / for a special cultural event, / as / we are / a fairly small town.

それはまれなことではない / ファウンテンヒル町の住民にとっては / 近隣の町に足を運ぶことは / 特別な文化的イベントのために / なぜならば / 私たちの町は極めて小さいからだ

これを、日本語の語順通りに並べ変えると、以下のようになります。

③訳文:
ファウンテンヒルはとても小さな町のため、この町の住民にとって、特別な文化的イベントのために、近隣の町に足を運ぶことは、まれなことではありません。

①の英文が頭に入ってきた際に、①→③に転換している間は、解釈に時間がかかってしまいます。つまり、英語を「読む」際には、時間がかかり、英語を「聴く」際には、ネイティブスピーカーの話すスピードに置いていかれて、周回遅れになります。

一方で、①→③をせず、①→②で英文を解釈することができれば、解釈に時間はかかりません。つまり、この①→②のアプローチによって、英語を「読む」際には、速読が可能となり、英語を「聴く」際には、早口のネイティブスピーカーの英文に置いて行かれずに、ついていくことが可能になります。

①→②を可能にするのが、まさに「前から力」です。そして、この「前から力」を鍛えるためには、「サイトラ」を繰り返すのが有効です。はじめのうちは、上記のように、スラッシュ「/」を入れて、ざっくりとした訳文を、スラッシュ「/」ごとに、書き出すのも有効です。しかし、慣れてきたら、書き出す必要はありません。区切りごとに英文を音読し、それに続いて、ざっくりとした日本語に変換しながら口に出してみるのです。

この「サイトラ」のプラクティスを徹底していくと、英語を英語の語順どおりに、前から解釈していく力が上がっていきます。そして、これにより、速読力が高まるばかりか、早口かつ長文の英文のリスニング力が劇的に上がっていきます。そのため、VERITASのカリキュラムにおいては、「サイトラ」はとても重要なプラクティスの1つに数えられています。

私たち日本人にとって、英語のリスニング力は、代表的な課題の1つです。しかし、リスニングは、「音を耳から認識する」ことだと単純化して理解してしまうと、上達には大変な回り道と時間を要します。実は、リスニング力アップには、「音」の面ばかりでなく、「前から力」の強化が必要なのです。

このことは、「私たち日本人は、リスニングが苦手なのか?」という課題について、より一歩踏み込み、根本的な原因を探ってみることで、効果的な対応策が明らかになる、良い例と言えるでしょう。

是非、皆さんも、「前から力」を意識して、リスニング力アップに取り組んでみてください。3ヶ月ほど集中して取り組めば、驚くほど、リスニング力のアップを体感できるでしょう。

↑このページのトップヘ