2014年03月

先週、韓国出張から戻る飛行機の中で、思いを巡らしたことです。

1990年代後半のアジア通貨危機以降、韓国では、急速にグローバル意識が高まったと言われます。

改めて、人材のグローバル化において、隣国韓国の先進事例から学ぶことが多いと感じました。

現地の会議の前後で、話題に上がったことです。

1.ソウル大学をはじめとする国内一流大学卒業生にとっても、韓国での就職は容易でなくなってきている。

2. 韓国の高校生は、グローバルな活躍を目指し、韓国内の一流大学と米国のトップスクールを併願し、金銭的余裕のある学生は、米国の大学を選択する傾向が一層強まっている。

3. 学生、ビジネスパーソンの英語力向上がめざましい。Samsungの新入社員の足切りTOEICスコアが900と良く耳にするが、Samsung以外の新入社員においても、TOEIC900レベルがスタンダードになってきている。

人口減少が始まり、今後、国内市場が縮小していく日本。

韓国の現状は、今後10年程度の間に、日本が直面する状況だと、私は考えています。

今回の出張に合わせ、「世界のエリートはなぜ~」韓国版の読者イベントにも参加し、複数の韓国メディアの取材を受けました。

そこでも、「グローバル人材」「グローバルでのキャリアアップ」といったキーワードが飛び交いました。

韓国のビジネスパーソン、大学生、大学院生の読者さんからは、興味深い質問を多く頂きました。

短い滞在でしたが、大いに刺激を受けた出張でした。

韓国のビジネスパートナー、友人、読者の皆さんに、感謝したいと考えています。

2014年5月29日に行われる第363回ハーバード大学卒業式において

ブルームバーグ氏がスピーチをすると発表されています。

ブルームバーグ氏は、前ニューヨーク市長。

金融情報配信会社であるブルームバーク社の創業者。

ブルームバーグ
金融関係者には、ブルームバーグ社を知らない人はいませんね。

私にとっても、投資銀行勤務時は、なくてはならない情報端末でした。

 

同氏が市長になったのは、9.11の直後のこと。

私は、当時8月末までニューヨークにおりましたので、間一髪のタイミングでした。

同氏は、ジョンズ・ホプキンス大学を卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールで学んだ人です。

ジョンズ・ホプキンス大学への寄付金は100億円超とも言われています。

公表されていませんが、当然ハーバード・ビジネス・スクールへも寄付をしていると想像されます。

実業家、政治家、そしてフィランソロピストとしてのブルームバーグ氏が、どのような言葉を卒業生に贈るのか、今から楽しみにしています。

スティーブ・ジョブスの名スピーチをはじめ、
米国大学の卒業式スピーチは、英語の勉強にも最適ですね。 
文章が論理的でメッセージが明確。 
スクリプトを入手できるし、音声は無料でダウンロードできる。 


クーリエ・ジャポン誌での私の連載「その『言葉』があなたを変える」においても、今年後半に取り上げて、詳しく読み解いていきたいな、とも考えています。

先週はマッキンゼーの同期会にいってきました。

出張、海外赴任、残業等々、参加できなかった同期が数多くいたのは残念ですが、、、それでも、参加できた仲間たちとの久々の再会。

周りに他のお客さんが少なかったことをいいことに、結構激しく飲みました。

その後、最終の新幹線で出張にでかける予定の仲間も、ぎりぎりまで。

マッキンゼーに残り、上を目指す人もいれば、会社の外に出て、新たな道を目指す人もいます。

みんな共通しているのは、想いが強い。
それぞれが、自分のやりたいことを追求している。

この日もエネルギーをもらいました。

もう少しで新年度が始まりますね。

気を新たに、頑張りたいですね。

先週、1月から加わったVERITASの仲間と懇親会をしました。

渋谷の居酒屋に集まって、飲み語らい、楽しい時間を過ごしました。
気づくと、あっという間に終電の時間でした。。

商社、アパレル、サービス、プロフェッショナルファーム、インターネット、金融、ベンチャー経営者などなど、バックグランド、年齢、性別も様々で、知的な刺激をもらいました。

普段のクラスでは見られない姿を知れて、興味深い時間でもありました。

たまたま、同郷、同じ大学出身の先輩後輩だったことが判明したり。
世界40カ国を出張した経験を共有してもらったり。
職場における強面のマネージャー姿が垣間見れたり。
MBA留学という目標を真剣に検討していたり。
隙間時間の勉強方法を共有したり。

お酒を飲みながら、キャリアゴールや課題なども、意見交換したりもしました。

お互いの距離が縮まり、楽しい時間でした。

前向きで、エネルギーに満ちたグループに加わることができて、私自身光栄でした。
改めて、気が引き締まりました。

先週は、12週間の1タームにおける中休み。
今週末から、後半戦6回に突入します。

仲間と共に、気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

↑このページのトップヘ