2014年11月

アメリカで最も裕福なアフリカ系アメリカ人であり、

「オバマを大統領にした人物」
「世界で最も有力な女性」
「ヒラリーの次に大統領になる女性」

と評されるオプラ・ウィンフリー。

彼女が25年間司会者を務めた
『オプラ・ウィンフリー・ショー』は
米国のトーク番組史上で最高の番組という
評価をされています。
oprah2

今月(11月25日発売)のクーリエ・ジャポン連載では
オプラの言葉を取り上げながら

「意味のある失敗」 と 「意味のない失敗」

について考えてみました。

オプラは近年、
米国を代表する2大学の卒業式両方において
基調講演を行っています。

2008年はスタンフォード大学、
2013年はハーバード大学、
の卒業式に登壇しています。

2つの大学において、
オプラは「失敗の大切さ」を語っていますが、
私には、その言葉の重みが違うように感じました。

その理由を探る目的で、
オプラが過ごした
5年間を振り返ってみました。

結果、私自身、
大きな気づきがありました。

それは、
常に目標を高く設定し続ける人には
「失敗は必然」だということです。

オプラは言っていました。

"You are bound to stumble."
(「あなたは、つまずく運命にある。」

オプラの言葉にご興味ある方は、
よかったら、雑誌を手にとってみてください。

昨日、当ブログで紹介をした
デレク・ジーターの言葉の解釈について
CLUB900(http://www.club900.jp/
の学習仲間等の
複数の友人から質問を受けました。

この場で、
私なりの解釈を補足説明したいと思います。 

ジーターの原文:
"You're known for what you do.
But you still want to be known as a good person." 

直訳:
「人は何をするかで知られる。
しかし、良い人間として知られたいと思うものだ。」 

解釈:
「仕事で成果を上げることは大事だが、
日々正しい行いを積み重ねて、
人として尊敬される人物を目指すこととも大事」 

直訳との差はどこからくるのでしょうか?

語彙はシンプルですが、
重要な英文のポイントが複数含まれています。

ポイント1: what you doの意味すること

シンプルにネイティブスピーカーに
"What do you do?"
と聞かれたら、

「お仕事は何ですか?」
を意味することがあります。

do のあとに、
for a livingが省略されているのです。

そのため、
what you do (for a living)
「生計のためにしていること=仕事」

ポイント2: what you doに含まれる「成果」の意味合い
ジーターの職業は野球ですが、
それでは、十分な説明になりません。
より具体的に、
「どんな野球選手か」
「実績はどれだけの選手か」
「結果、どれだけ稼いでいる選手か」
の問いに対する
答えを含める必要があります。

そのため、
what you doは
単に仕事を意味するのではなく、
「仕事上の成果」
を意味します。

ポイント3: you want to be~ に隠れる命令・指示・助言の意味あい

会議の終わりに、
上司に、

I do this.
You do that.
と言われたら、

I(上司)がこれをやる。
You(君)はあれをやれ。
を意味します。

You(君=あなた)の事前承諾なく、
突然、you want to be~
と言われたら、
それは、
あなたは、~ を目指しなさい
と言われているのです。

should、mustが隠れているのと同じです。

be known for ~(~で知られる、認識される)
still(逆接: しかし、それでも、まだ) 
a good person(善人、人として尊敬される人物)

なども含めて
シンプルな語彙と文構造だからこそ、
さらっと読み流しがちです。
しかし、流すと、
つかみ切れない文章です。

解釈に疑問に思った方は、
むしろ、
しっかりとした英語の基礎が
できつつある方だと思います。

改めて、確認してみてください。

2014年のメジャーリーグは、
ジャイアンツが青木選手所属のロイヤルズを破り、
見事、ワールドシリーズを制覇しました。

今年のメジャーリーグでは、
私は、年初から、
ヤンキースのジーター選手に注目していました。

「キャプテン」 のニックネームで
ニューヨーカーに愛されるヤンキースのスタープレーヤーであるジーター選手は、
今年限りでの引退を、年初に表明していたからです。

残念ながら、
ヤンキースは、今シーズン、プレーオフ進出を逃し、
「キャプテン」の有終の美を飾ることはできませんでした。

それでも、
ジーター選手は魅せてくれました。

本拠地ヤンキースタジアム最終戦を
見事サヨナラ打で飾ったことは、まさに伝説的幕引き。
驚きでした。

なぜ、
最終戦の最終打席に
あのような場面が
ジーター選手に回ってくるのか?
jeter
何かを引き寄せているようにしか
思えません。

そして、
その大舞台で、
見事、結果を出す。

そんなジーター選手の成功の秘訣について
彼のある「言葉」に注目しながら
思いをめぐらしてみました。

"You're known for what you do.
But you still want to be known as a good person."
(「人は仕事の成果によって知られる。
だが、同時に、良い人間として知られたいと思うものだ。」

私なりに、意訳をすると、
「仕事で成果を上げることは大事だが、
日々正しい行いを積み重ねて、
人として尊敬される人物を目指すこととも大事」

人格者、慈善家としても知られるジーター選手らしい言葉です。

「結果が全て」と言われる
プロアスリートの世界で
目先の結果よりも、
もっと高い所に目標を置いている。

そんな彼の目線の高さに
驚きました。

そして、
他のメジャーリーガーとは異なる目線の高さが、
数々の舞台を引き寄せ、
そこで、結果を積み重ねる秘訣なのかもしれません。

今月号のクーリエ・ジャポンの
私の連載「その『言葉』があなたを変える」では
この言葉を取り上げています。
よかったら、手に取ってみてください。

↑このページのトップヘ