先週土曜日は、VERITAS English 2018年9月期の最終日。
集大成としてのプレゼンテーションで大変盛り上がりました。
IMG_0245
中上級のFundamentalsクラスと上級のLEADクラスでは、プレゼンテーションの切り口は少し異なりますが、自分のメッセージをブラッシュアップし、シンプルかつ論理的に伝えていくアプローチは共通しています。

日頃、どのような想いで仕事に取り組んでいるのか、転職時に感じたリスクとその後に手にした経験の積み重ね、海外で見つけた課題とキャリアの目標、取り扱う商品の社会的インパクトの大きさ、経営改革が成果を生み出した際の喜び、長いプロジェクトが完成したときの達成感、等々。

それぞれの方のプレゼンテーションを聞きながら、熱いメッセージに、私自身とても惹き込まれました。

不思議なことに、シンプルかつ論理的に伝える、というと、とてもクールなプレゼンテーションを想像しますが、実は、それが逆の結果を生み出します。それは、メッセージが研ぎ澄まされることで、伝えたい内容がダイレクトに聞き手に響くようになります。

英語のプレゼンテーションは、とかく英語が上手か下手か、という言語の側面に目が行きがちです。もちろん、一定レベルの英語力は必要ですが、その先の壁を超えるかどうかにおいては、メッセージの明確さ、がとても大切です。

日本語では、流暢に語れる分、何を伝えるかへの意識が薄れ、単なる情報の羅列や知識の共有に向き、だらだらと話しをしがちです。

一方、英語のプレゼンとなると、単なる情報の伝達だけでは、言葉が不自由な分、何を言いたいのかがわかりにくくなります。そのため、自分は最終的に何を伝えたいのか=メッセージの明確化、に注力することがより大切です。そして、それにより、英語のプレゼンテーションの壁を突破できるばかりか、日本語プレゼンテーションも上達していくという副次効果もあります。
IMG_0252
プレゼンテーションの後には、クラスメート同士の英語によるQ&Aもとても活発でした。Q&Aが活発ということは、聞き手がプレゼンテーションに惹き込まれた証拠です。

9月期の皆さん、大変おつかれさまでした。

最終プレゼンテーションの様子は、こちらにもアップしていますので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.facebook.com/VeritasBusinessEnglish/photos/